【心配ご無用!】エルフィングの解約はとっても簡単!ただし条件付き!

デブ菌とヤセ菌が争う様子

エルフィングの公式サイトには、成分についての解説がありますが、結構ザックリとしたものです。

 

で、色々調べてみると、公式サイトに書かれていることの他にも、体に良い効果もあるみたいでした。

 

注目すべきは、フラクトオリゴ糖とグア豆。

 

これらについて、どんな効果に期待できるのかを紹介します。

 

>>エルフィングの成分と効果について詳しくはコチラ【公式サイト】


注目成分@フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、砂糖と近い甘さがあり、アレルギーの心配がないオリゴ糖の一種です。

 

エルフィングを食べやすいように甘さを持たせることを目的として使われているのだと思います。

 

でも、砂糖ではなく何故、フラクトオリゴ糖なのか。

 

フラクトオリゴ糖は、胃・小腸で分解されずに大腸まで届くという特徴があります。

 

大腸に届いた後、ヤセ菌(善玉菌)の増殖の材料となってくれるんです。

 

更に、糖として吸収もされないので脂肪として貯めこむこともありません

 

エルフィングの目的である、「ヤセ菌を増やす」に役立っているし、食べやすいように甘さもあるという大切な成分なんですね。


注目成分Aガラクトマンナン分解物

エルフィングの材料にグア豆というものがあります。

 

ガラクトマンナン分解物は、このグア豆から取り出された成分だと思ってください。

 

で、この成分がどんな役に立つかというと、「短鎖脂肪酸の生成」です。
(オリゴ糖や食物繊維なんかも短鎖脂肪酸の材料になる)

 

公式サイトにも短鎖脂肪酸について書かれているけど、ちょっとわかりづらいと思うので解説。

 

短鎖脂肪酸の役割を一言でいえば、「腸内環境を整える(ヤセ菌増やして、デブ菌増殖を抑える)」です。

 

実は、エルフィングの成分の中で一番大切かも。

 

ガラクトマンナン分解物や食物繊維、オリゴ糖なんかは腸まで届いた後、腸内の細菌によって分解されます。

 

で、分解するときに短鎖脂肪酸が作られるんです。

 

短鎖脂肪酸ってあまり聞きなれないかもしれませんが、体にとって非常に重要な役割を持ってるんですよ。

 

腸の壁面には粘液が分泌されるのですが、短鎖脂肪酸が粘液分泌を促進してくれるんです。

 

便が腸内をスムーズに移動できるのは粘液のおかげなんですよ。

 

腸内を移動する便は、徐々に粘液に包まれていきます。

 

それによって、便を固めていく(下痢便にならないように)してくれるんです。

 

また、便と腸の間に粘液があるおかげで、便が腸に直接触れるのを防いでくれます。

 

便が腸に触れていると、便の細菌まで吸収してしまい、病気や感染症になってしまうこともあるんですよ。

 

お肉ばかり食べて、野菜や果物を食べないと短鎖脂肪酸を作る材料が不足してしまいます。

 

つまり、粘液を作る材料が足りないということ。

 

その場合、腸内の細菌を材料に粘液を作り始めます。

 

で、この時にアンモニア等の嫌な臭いを発生させるんです。

 

お肉ばかり食べていると、便やおならが臭くなるんですね。

 

また、粘液も薄くなるので、下痢になったり、体調不良にも繋がるんですよ。

 

ガラクトマンナン分解物や短鎖脂肪酸など、聞きなれない成分名かもしれません。

 

けど、エルフィングが体にとって大切な成分を含んでいることは知ってもらえたのではないでしょうか。

 

ダイエットをするには、まず健康であることが重要です。

 

健康維持のためにも、エルフィングは有効だと思いませんか。

 

>>エルフィングの成分は健康を維持したダイエットに最適!【公式サイト】